LIGTH WAVE

V O I C E

HOME > ご成婚の声 一覧 > 当方会員同士のご成婚 男性の方は超一流国立大卒・超々エリート

SHARE

facebook twitter line

当方会員同士のご成婚 男性の方は超一流国立大卒・超々エリート

 

3、英国に家族一緒に行かれるとか♪



 次の一歩も、素敵なスタートです。当方会員同士で成婚され、孫と同じ年の小学生の息子さんのいる会員さんが、英国に行かれるとか。超一流国立大卒の旦那様が、土日もなく頑張られ、英語の勉強もされて獲得された英国行きです。おめでとうございます。しばらくは会えないわねということで、急きょ朝にフローリストの和泉さんに花束をお願いし、高速を飛ばして  伺いました。


 久しぶりの彼女は相変わらず美しいスリムな若奥様です。  いろいろ話は弾んで楽しいひと時を過ごすすことができました。英国の教育事情なども説明してくださり・・大変そうです。彼女も息子さんと同じところでマンツーマンの英会話を習いに行かれているとか。どうぞ頑張って 日本語学校の徒歩圏内に住まないと送り迎えができないので向こうに行ってから探されるとか。


 イギリスもアメリカと同じような10歳以下の子供には父兄がついていないといけない規則があるので、生活自体が非常に制約されてしまうとのこと。大変そうです。住むところが決まりしだい、すぐ住所を教えて下さるとか。お手紙をしますね・・。楽しみにしています♪ 家族で一丸となって、元気に行ってらっしゃいませ!!



.

ーーーーーーーーー


2、愛らしく、美しい結婚式のお話をお伺いしました


ケーキは皆で食べれるように一番美味しそうな平らな形のものにされたそうです


 彼女のドレスは彼が選んでくれたもので、しかもブーケは彼の手作りです。昔、ヨーロッパでは愛する女性に花束をささげ、もし彼女がその中の1輪を取って彼の胸に挿してくれたらプロポーズをお受けしますという意味だったそうです。


 丁度この写真のとき式場の方々が上の周り廊下から花びらを一面に降らせてくださったそうです。聞いていなかった事だったのでとても感動されたそうです。でも、後になってあの時、どなたかにお願いして花ビラの降る中、広い裾のドレスが花開いている様を上から写真に撮っていただけばよかったと残念に思われたそうです。これから式を挙げる方々には是非上からの写真もお勧めしますとの事でした。



 花束贈呈のときに恥ずかしいのでということで手紙にして渡されたそうです。でもその後の彼のお礼の言葉が堂々とした素晴らしいスピーチで、新婦の彼女はあらためて、こんなにも素敵な方と結婚したんだわと嬉しくて感動されたそうです。


 彼女には妹さんがいらして少し前にお父様の替え添えで結婚されていました。彼にはお兄さんがいらっしゃいますが女の子の兄弟はいません。それで二人で相談をして、男の子しかいない彼のお父さんにバージンロードの花嫁の介添え役をお願いしたそうです。とても喜んでくださり感激していただいたそうです。


 今、そのような配慮をされる方々が多くなったそうですが、私たちもそうしてよかったわねと語り合っているそうです。優しい心配りをしてくれるお嫁さんに息子を託せせる喜びはご両親にとって何よりものプレゼントだったことでしょう。


 


ーーーーーーーーー

1、ステキなカップルです 


   当方会員さん同士のご成婚です




 


 20代の可愛いカップルです。ご主人になる方は超々エリートです。そういう方だけの持つ、静かな深い落ち着きを備えた、優しい方です。入会されたその日、自分で申し込む方を選ぶ前に、できればどなたか良い方を、是非ご紹介して頂けないでしょうかとおっしゃいました。


 それで、こちらの方は心からご推薦できますと彼女の独自プロフィールをお見せしました。すると、素敵な方ですね。是非お会いしたいので、その旨宜しくお伝え下さいとのこと。


 早速彼女に来てもらってお伝えしました。ところが、「私にはとても釣り合いません。何をお話していいのかもわかりませんし・・。」と、彼女らしい謙虚なお答えが帰ってきました。当方はいつでも無理強いは決してしないので、そのまま紅茶を飲みながら、いろいろな話題へと移りました。


 でも帰り際に、「さっきのお話なんですが、夜、彼はずっと勉強をなさるんですか。」と聞かれました。私が「静かでいいんじゃないかしら。あなたはその間、自分の好きなことをしていられるもの。ずっと楽器を奏でていられるものね。」と答えると「そうですね。それはいいですね・・。・・お会いしてみようかしら。」とうなずかれました。


 お見合いの夜、「すごく楽しかったです。今までずっとお話をしてしまいました。本当に楽しかったです。」という彼女の電話と、「他の方のご紹介は結構です。時間がかかっても、彼女に心が伝わるよう頑張ります。」と弾んだ声の彼からの電話を頂きました。


 そしてお二人はそのまま、運命の糸に導かれたかのように寄り添い、幸せいっぱいでゴールインしました。


 


.

ーーーーーーーーー


PC専用:http://kekkonn.com/e/e010.html

facebook twitter line

その他のご成婚例

TOP