. HOME > アドバイザーの手作りHP > 会員サポート> とりあえず メモ > P.002
ナビHOME料金成婚例サービスについてアドバイザー事務所ナビ右



パーティ
全体・HOME
手作りHP・ HOME
入会ご検討中の方へ
成婚エピソード
ライトウェーブ奮闘記
会員つぶやき・お見合い
交際・お付き合い
プロポ-ス 挙式 旅行
新婚生活
育児
子育て・教育
婚活支援
お見合い場所地図
会員サポート
似顔絵集
とりあえずメモ倉庫



当方は誉れある1次会員です




つぶやきに戻る 会員サポートに戻る    0002    000 001 002 003


 4
 40代からの自立 

 ご両親のもとで生活されていらっしゃる方は、お互いが助け合って寄り添い、家族の絆は強まります。段々と心身ともに弱まって不安を抱え始めた両親を残して独立することは、どこかに罪悪感を感じてしまいます。

 新しい環境への適応には、大きなパワーも必要です。体力と気力がどことなくな気になる年代で、もしそれらを次々に使い切る事態に遭遇したら・・・なおまだ、余りある何かが残るのだろうか。苦労ばかりでボロボロになりはすまいかと、つい計算もし不安は募ります。それらは納得できる感覚です。


 でも、心配する時間があったら、固まりかけている友人達を掘り起こし、一人でも多くの友との心の距離を縮めましょう。親が元気なうちに結婚しないと、身動きが取れなくなる・・というのは人類の普遍的なテーマです。

 実家から出なくてはいけない場合は、親に最短で会いに行けるための工夫も考えましょう。ペーパードライバーの方は教習所に通うとか、何かより現実的な対策はないか練りましょう。親からもらった頭脳を、親の為にフル稼働させましょう。そしてその姿勢は、お相手の親御さんとの今後にも役立ちます。




 結婚してどうしても上手くいかないわとなったら、離婚をしてまた探せばいいのです。それだけのことです。何もない3年より、いろいろある3年のほうが素敵です。5年、10年、山あり谷ありの30年のほうがもっと味わい深いです。失うことがどんなに多くても、欲しいものがあったら腕を伸ばして努力を続ける人生は、魅力的です。私はそのほうが好きです。




 実りある楽しい未来の為に、よく考えて対策を練りましょう。頭脳の価値は考えるスピード力です。急いだ時の取りこぼしを危惧しても、ゆっくり考える人は、もっと多くの或は1段上の見落としをしがちです。しっかり、的確に、スピーディに考えて人生を開拓していきましょう。なお、愛は貰うものではなく育てていくものです♪


 3
 お相手相談所さんからの お問い合わせ 

--------------------
・・・様との交際をとても前向きに考えているとの事です。
・・・・・・、
まだ・・・・・・。、
・・・様のご交際へのお気持ちはいかがでしょうか。
何かお聞きされていますでしょうか。
ご連絡いただけますと幸いです。
--------------------

と、いうようなお問い合わせメールは良く入ってきます。
ここが一つのターニングポイントとなります。

直ちに的確に答えをお出しできたら、良い方向に向かう確率は高くなります。皆様に、「交際状況はいかがですか?」を、よくお伺いしているのはそのためです。


            

この場合は、
逆の立場にたって考えましょう。相手の方が真剣に考えてくれているのを、相手の相談所さんも知っていたら、どんなに嬉しく安心するでしょう。もう一歩踏み込んでみようかなと、勇気が湧いてきます。

聞いてみますという返事で、後日、真剣に考えているようですと入ってきたら、嬉しいですね。でも、聞かれたので出てきた回答です。相手の相談所さんの思惑が絡んで、より良い返事へと加工されたのかもしれないと、頭の片隅でチラッと考えたりしませんか。疑心暗鬼がちらつきながらの喜びとなります。

恋の駆け引きを楽しみたい方は、一層燃えるので上手に利用してください。




でも、多くの方は、安心して心を開けられる関係を望んでいます。結婚して家庭を持ちたいのですから、信頼と安定は必需品です。アピールポイントの最高点を加算するために、交際経過報告はマメに頑張りましょう。

何より、お相手相談所さんの取り組む姿勢が違ってきます。アドバイスにも熱意が加わるかもしれません。楽しみですよ♪

.

★その日の小窓:
会員さん小窓 
 優しい義妹の玄関先は手入れが行き届いていて綺麗です。私も何とかしなくてはと思います。頑張ります。


 2
 モテる人にはなれない・・

.
 そう思っている方は、いらっしゃいませんか。
 かく言う私は、その筆頭です。

 実にモテない人生を送りました。現在進行形でしょうか。

.
 私は、身長が小学生でもう大人を追い越していました。女の子なのに174cm以上ありました。しかも体重が50kgしかないヒョロヒョロお化けでした。ベビーブームで子供が絨毯の様に校庭や空き地でひしめいていた時代に、頭2つ大きい全校一のノッポでした。

 赤ちゃんの時代に追浜という横須賀に近いところに住んでいたので、アメリカ人の育児講習会に母が近所の人と一緒に行ったことが原因でした。3歳までは魚は骨まですりおろして食べさせよう、などのアメリカ式の育児法を学んだため、私は外人の様にぐんぐん背が高くなったというわけです。しかも母は嫌いな食べ物が何も生じないよう、いろいろ工夫もしてくれました。

 日本人としては規格外にぐんぐん育っていく私を前に、母は焦りと後悔を繰り返していたようでした。さらに父親は仕事で海外に行きっぱなしで留守となりました。弟は精神薄弱で気は優しいのですが、思いどおりにならないために暴れまわる、これまた巨大な男の子になっていました。母子家庭の中で、我が家は荒れた日々が続いていました。

 私がモテないのは、背が高いため。トラウマのため精神が不安定だったから。話題も少ない上にB型だものねといつも分析しておりました。

.

 結婚相談を始めたのは50歳です。もう人生の大きなヤマを越してからでした。人と関わらなくて済むカメラマンから、人との結びつきがメインの結婚相談業へと移行していく途中で、ある日ふと気が付きました。私がモテなかった理由はただ一つ、

 常識がなかったからだ。

.

 私って、普通のことが普通にできないんだ。
 そう思うと、羅列すべきことが山のように意識の上になだれ込んできました。全く、思ってもみなかったことでした。目から鱗でした。何がどうと書きだしたら10ページくらいは続きそうなので・・。

 いつも周りから言われていたのも関わらず、私って変なんだわと、その時初めて気が付きました。というより、常識のない困った人だわと思いました。

 仕事上の常識は多少獲得しました。次の仕事をもらえなくなるので。小学生からの遅刻癖は、仕事と意識した場合のみ、ほぼ完ぺきに治りました。遅れて来たり入稿が遅いカメラマンの愚痴を、スタッフから嫌というほど聞いていましたので。櫛毛さんは確かで安心だよと言われてニヤついたものです。しかし、もろもろは惨憺たるものです。今後、わずかづつでも治っていくものなのでしょうか。・・心配です。

.
 とはいえ、年相応に常識が育った部分もあるかと思います。
 今、私が20代や30代に戻れたら、結構ばっちりモテるかも・・と思う、今日この頃です。


           
 とある有名相談所さんのブログに、「モテる人になろう」という題名のものがありました。執筆者の成田様から許可をいただきましたので添付させて頂きます。
  モテる人になろう

           執筆者: 成田 利奈
                   (エンゼルブーケ: 表参道 03−3498−1248) 

.

「モテる人」とは、一体どんな人だと思いますか?

日々たくさんの会員さんと接する経験からすると、
強いて言えば、普通のことが当たり前に出来る人でしょうか。

えっ、そんなレベルが低いの? 
なんて思った方、あなたは毎回これらのことが出来ていますか?

・お相手からのお申込みに対しての返事が早い。
・お見合いが成立したら、出来るだけ早い日程を希望する。
・一度日程が決まったら、仕事のスケジュールや体調の管理をしっかりとして
 極力変更はしない。
・予期せぬことにも臨機応変に、快く笑顔で対応できる。
・お見合い終了後は、その場からすぐに結果の報告をする。
・連絡先交換となったら、その日中に連絡し、次の約束をする。

どれも特別なことではないと思います。
でも残念ながら、いつもできているという人は結構少ないのが現実です。

例えば、このようなことに心当たりはありませんか?

・なかなかスケジュール調整ができず、日程が決められない。
・事前の相談や同時の説明・お詫びもなく希望日程が一月ほど先。
・最初は仕事で再調整、次はインフルエンザで更に延期
・自分では気をつけている分、相手に対しても非常に厳しい。
・お見合い当日、相手が遅刻したために不快感を顔に出してしまった
・お見合い後の返事を、迷ってしまって決められない。
 もしくは、相手の返事を聞いてから考えたい。

忙しさを言い訳にしたくなる気持ちもわからなくは無いですが、
誰にとっても平等であるのが時間。
本当に忙しい人ほど、相手の時間も大切に考え時間の管理は上手なもの。
そして、自分の決断に責任を持てるものです。

一つのことをいつまでも決められず、後回しにして何度も考えるより、
その場その場で結論を出していくほうがずっと効率的ですし、
何より、レスポンスの速さは気持ちの表れともみることができます。

ちょっとしたことで、相手に好印象を与えることができ、
これらが幾度も重なれば、スタッフ(仲人)の印象も違ってきます。

簡単なようでいて難しい当たり前のこと、
日頃からもう少し、意識をしてみて下さいね。



 1
 会ったら、勝ちは、本当です

.
 とある有名相談所さんのブログに、「会ったら、勝ち!」という題名のものがありました。他社さんのブログは、全くというほど見ていないのですが、つい見てしまいました。

 どの相談所さんのブログもハイレベルで、私の書いている日常の愚痴とはあまりにレベルが違うので恥ずかしくなるので、避けて通ってきた14年間でした。

 でも、何のアドバイスもなくても当方会員さんは優秀な方が多いので、ご自分で考えられてどんどんお幸せになっていくではありませんか。動きやすくして差し上げることに集中していれば、下手なアドバイスなど無いほうがいいのよと思う気持ちが強くなったので、なんとなく安心している今日この頃です。

 すると14年目にして、ほかの人はどんなことを書いているのかなと、少し興味がわいてきました。婚活関係の本は幾つかは読んでいます。それを土台にいろいろ書いていこうかなと思った時期も何度もありました。しかし、実はちっとも面白くなくて、意地で読み切っても何も残らないのです。何が書いてあったっけと思い出せもしないのです。記憶力が悪いせいでもありますが。

 でも顔見知りの方の書いたブログだったら面白いかもと思いました。これからなるべくいろいろ読んでいこうと思っています。すみませんがよろしくお願いします。


 「会ったら、勝ち」は大変興味深く読ませていただきました。そうか、同じことを言うにもこういう表現でないと伝わっていかないのねと、うなずきながら読み切ってしまいました。正直面白かったです。会員の皆さんもぜひ読んでくださいね。


話は変わりますが、
 「櫛毛さん、お見合い待ち合わせ場所に相手の方がいないんですが、どうしましょう」というお電話は、毎回よくあるのです。似てなくても他に居なかったら声をかけて。恥ずかしがってはだめよと、発破をかけるのが私の仕事です。それほど、心に描いたお相手と、実際とはかけ離れていることが多いのです。

 男性も女性も素敵だなと思うのでお申し込みをするわけです。しかしデータはわずかです。さらに心惹かれるお相手と自分の距離は、見ないのが普通です。山のようなお申し込みの入っている方に申し込んでいることが多いのです。

 お見合いが組めるように私はいろいろ頑張っておりますが、OKが入ってくるのは偶然と思いましょう。もしスナックで隣同士になっていたら、それぞれ別な方に心惹かれている場合が多いのです。お見合いだから出会えたと考えましょう。

 気に入ったらという大前提がありますが、会ったら勝ちは本当ですよ。本来なら釣り合わないような方とお会いできるのはお見合いならばこそです。そのような場合ですら、会ってしまえば別物です。心が通い合えば話は弾み、もっとお互いのことを知りたい、もっと話したいと思い始めるのです。自分でも不思議に思う内に、いつの間にか魔法にかかっていくのです。

 皆さん、目の前にいないと魔法はかからないのよ。
 かけてもいただけないし、掛けることもできないです。

 会えるためには、まず申し込まないと。その方のほうからは、決して申し込んでは頂けないものと、しっかり思うことが大切です。例外は例外だから目立つだけです。頑張って申し込んでね。


           
 とある有名相談所さんのブログに、「モテる人になろう」という題名のものがありました。執筆者の井口様から許可をいただきましたので添付させて頂きます。
会ったら、勝ち

          執筆者: 井口 真由美
             (ブライダルオアシス: 世田谷オフィス 03−3417−4015)

.

いわゆる、出会い系サイトの現状はどうなのかは、知らないのですが、お見合い業界におきましては、ここ数年は、女性会員様のご入会者の方が多い、ということは、婚活中の方、または婚活をなさろうとしている方たちは、かなり皆様ご存じのようです。

面接にご来所くださった女性の方が、「最近は女性のほうが会員の人数が多いんですよね?」と、幾度か、サラリと言われるのをお聞きしていますと、却って、こちらのほうが驚かされるという感じです。

「他でも言われましたし、インターネットで、婚活体験記なんかを読んでいますと、そう書いてありましたーー」とお聞きして、仕事ばかりしているのではなく、時々は、一般の方のそういった生のお声の情報も集めなくては!と密かにあせったりも致しました。

「・・・だから、入会しても、実際に希望する男性と本当に出会えるかどうかが心配なんですよね!」とは、少し前に面接をさせて頂いた女性の方の本音のご心配でした。

実にごもっともなご心配です。

そこで私がお答えさせて頂いたのは、

「でも、出会ったら、勝ちなんですよ!」

という、短絡的なお答えでした。

「確かに、すべてがバランスよく揃っている男性は、とても人気があります。本当に、沢山の女性からのお申し込みがあり、当会の男性会員様も、お相手の方を選ぶのに、本当に苦労なさるほどの沢山の方からのお申し込みがあります。・・・逆に言いますと、選んで頂くほうの女性側は、固唾を飲んで、こちらからのお申し込みへの男性のご返事を待っておられる、という感じのときもあります。」

「・・・」

「でも!一旦お見合いになりますと!大方のケースは、男性が次にお会いするのをお断りになるケースは、殆どないんですよ!」

「ということは・・?」

「そうなんです、お断わりをなさるのは、(当会の場合はですが)、殆ど女性の方なのです!」

「そうなんですか??!!」

・・・とまぁ、少し、漫才のようなやり取りになってしまったのですが、当会の場合は、上に書いたことはありのままの事実です。

ですから、お見合いをなさることさえ出来たなら、そして、お相手の男性を、女性会員様が気に入ってくださりさえしたならば、ほぼ成婚なさる確率は、とても高いということになるんですね。

では、男性の意志は?

となりますと、ここでいつも私は、「男性本来の優しさ」を思わずにはいられません。

正直、もしかして、何も考えておられないのでは?と思うことも、時にはありますが(笑 冗談です)お相手の女性が自分のことを気に入ってくれたなら、余程の場合を除いて、男性はお相手の女性を受け入れておられる、といつも実感をしています。

これが、男性の優しさでなくて、一体他のどんな理由があるのでしょうか?

ですから!希望の方と確かに出会って頂くまでは、多少の努力はご必要かもしれませんが、でも!お会いできたなら、そして、あなたがお相手の方に惹かれる気持ちが芽生えたなら、望んでおられる「結婚」はもうすぐ、あなたの目の前に、現実のものとして訪れるという訳なんですね。

「希望の方に会えるまでの努力」・・それはどなたにもご必要な努力です。でも、たった一人で行動なさるのではなく、私も一生懸命応援させて頂きます。ただ、その根底の、本当に地道な努力は、あなた自身がしてくださる必要がありますし、また、その努力を、あなた自身がなさるからこそ、お幸せへの扉がゆっくりと開かれて行くのだと思います。

そしてそれは、棚からぼたもちのように、突然に王子様が登場するよりも、ずっと、ずっと、あなたの人生経験においても、本当に尊いことだと私は心から思っています。

今日も(明日も)、ご一緒にがんばりましょう ♪







 5


 6


 7


 8


 9


 10


TOP     000 001 002 003


TEL 03-3727-5439     Free0120-780-877

ナビ2HOME-2料金-2成婚例-2サービスについて-2アドバイザー-2事務所-2ナビ-2
結婚相談所【東京】  トップ