婚活ひと言

写真の選び方は、男女で基準が違う お相手目線で選んでいきましょう

▼ お相手目線で選んでいきましょう▲ 
写真撮影の日。新人女性さんに上がってきた写真の中で、一番気に入ったものを示して頂きました。それがほぼ8割の良さでしたら、決定です。婚活向き100%仕上りが隣にあったとしても、自分の気に入った写真で活動する方が、良い結果が得られやすいのです。

でも、その日彼女の選んだのは4割上がりでした。目が大きくて口元を閉じたその写真はよく写っています。しかし、感情がありません。少し離して見ると、有能な秘書さんが挨拶をしにこちらに歩いてくる感じです。

美しいのですが、疲れた感じも微妙にあります。遠方からいらした上にスタジオが意外とわかりづらく、迷われたのも響いていたのかもしれません。

.

一つ一つのパーツがしっかり整った写真を誰もが選びがちです。目がパッチリ写っている。皺やたるみが少ない。歯の不ぞろいが隠れている、上品に見えるなどチェックポイントは人それぞれです。

女性は子育てがあるので、微細を一瞬に見分ける能力を備えています。その視点でしっかり選びます。しかし多くの男性は、パッと見て気に入った女性を選ぶのです。感情が盛り上がり猪突猛進ができるように、全体を見て自分の気持ちを掻き立てられるものを選ぶよう、訓練されているのです

仕事と違い、男性が女性を見る時には全体として把握します。小さなことは見ないようにできる能力があるらしいのです。あっちもこっちもよく見えたら、気持ちが覚めやすいでしょう。ぼんやりサッと見て燃える男性の子孫が、何万年の時を経て勝ち残り、今、あなたの目の前にいるわけです。

心を動かされ、ちょっと会ってみたいなと思っていただける
あなたの美しさや優しい暖かさが、
パッと伝わる写真を選んでいきましょう。

.

★ゴンのひと言: PC専用 http://kekkonn.com/@@@.html
指輪は大きなターニングポイントです。ここで金額面などでこじれると、破談や離婚が待っています。推挙に暇がありません。問題は指輪ではなくその姿勢です。生きる姿勢が表出する指輪選びは慎重に。

「どれでもいいよ。君の好きなものでって言ったんですよ。」と、口をとがらせても、

「そんなケチな男はこっちからごめんよ」と、捨て台詞を吐いても、指輪は何でもいいのと微笑む女性には勝てません。

30万以下の安い指輪でいいわと、まずは思いましょう。一生の幸せを僅かな事で捨てぬよう、お気を付けください。 7.01土

★ライトウェーブ: 0120-780-877
http://kekkonn.com/