. HOME > アドバイザーの手作りHP > 婚活支援 > 結婚関係資料一括 P.016
HOME料金成婚例サービスについてアドバイザー事務所ナビ右


ライトウェーブ奮闘記
会員つぶやき・お見合い
交際・お付き合い
プロポ-ズ 挙式 旅行
新婚生活
育児
子育て・教育
婚活支援
結婚関係資料一括
図書室
協力結婚相談所

お見合い場所地図
会員サポート



当方は誉れある1次会員です




          結婚関係資料一括      000 015 016 017

少子化問題のアウトライン    国立社会保障・人口問題研究所
 お約束どおり「国立社会保障・人口問題研究所」のホームページ内を探索してみました。興味深いHPです。分かりやすい表も多数あり理解度を高く工夫されている点もとても好感が持てました。読みたい論文の概要は多数ありましたが残念ながら詳細は出ておりませんでした。論文の掲載されている雑誌などをそれぞれ追ってみましたが同様でした。

 わが国の年間出生数は1973年以降減少傾向が続いていて、現在は当時の約半数(2003年54%)にまで減っています。出生率(合計特殊出生率)でみても、当時最も高かった1971年の2.16から、2003年には4割減の1.29になっています。この数値は人々の1年間の子どもの産み方を示すもので、「生涯の子ども数」とは異なりますが、長期的に人口を維持できる水準の2.07よりかなり低く、こうした少子化の結果わが国の総人口はまもなく減少を始め、また人口高齢化が進行します。

 年間の出生数は、親となる世代の人口規模と、彼らの子どもの生み方(出生率)によって決まります。少子化過程の出生数の減少には、この両方、つまり親世代の縮小と、子どもの生み方の変化が同時に影響してきました。このうち、子どもの生み方が変わった最も大きな要因は、結婚のし方が変わったこと(晩婚化未婚化)です。これに加えて90年代からは結婚後の出生ペースの低下も見られるようになりました。なぜ、結婚のし方や結婚後の子どもの生み方が変わったのかは、社会・経済の変化全体が関係しています。経済変化による働き方や消費生活の変化、男女、家族など社会関係や価値観の変化・多様化、さらにそうした変化と従来の慣行、制度との齟齬(そご)が指摘されています。そして、このような出生率の低下は、おおむね先進国に共通した現象です。社会経済の変化にともなって、もし人々の間に結婚や出産を望んでいるのに、しにくい事情が生じているとすれば、これを取り除く必要があります。

 まもなく日本の人口は減少を始め、労働人口の減少、とりわけ若い労働力の縮小と消費市場の縮小による経済への影響が懸念されます。また高齢化が進むことで年金、医療、介護などの社会保障費が増加して、国民の負担が増大することも懸念されています。ただし、経済や生活は人口だけで決まるものではないので、そうした懸念を実現させないための工夫を国、自治体、企業をはじめ国民全体が協力して築いて行けるかどうかが重要な点です。そして一番大きく変わるのは、なにより日本人の生き方−ライフコースだと思われます。「日本の将来推計人口」では、現在20歳前後の女性の6人に1人が生涯結婚せず(現在は20人に1人)、3割以上が子どもを持たないこと(現在は1割)が想定されています(2002年中位推計)。これは歴史的にも例のない社会だと思われます。その他、人口減少、人口高齢化の影響は社会全体に及ぶと思われます。ただし、そうした人口構成の変化は少子化(出生率の低下)だけでなく、寿命の伸びや人口移動によっても大きく影響されます。

 欧州諸国を中心に、少子化が進んでいます。これに対し、公的施策でどのように対応するかは子育てについての考え方の差などから国ごとに違いがみられます。


原稿用紙



原稿メール
 子供一人を育てることは傍から見ていてもあらゆる意味で大変なので、しり込みをしてしまうのでしょう。女性も仕事に情熱を注いでいると、それを削って、あるいは捨ててまで子育てをするのは・・と考えてしまうのでしょうね。

−私はこう思います
返信メール
本人 会員・OB 会員以外

000 015 016 017


子猫 小犬 草原と木 富士山 バスケット 地球儀 7人の小人 ユリの花 ベイブリッジ ピンクのブーケ 本棚と椅子
掲載お礼。どちらにされますか? QUOカード 500円 全国のコンビニで使えます。 →大きくしてよく見る

TEL 03-3727-5439     Free0120-780-877
ナビ2HOME-2料金-2成婚例-2サービスについて-2アドバイザー-2事務所-2ナビ-2
結婚相談所【東京】  トップ