. HOME > アドバイザーの手作りHP > 婚活支援 > 結婚関係資料一括 P.001
HOME料金成婚例サービスについてアドバイザー事務所ナビ右


全体・HOME
手作りHP・ HOME
入会ご検討中の方へ
ライトウェーブ奮闘記
会員つぶやき・お見合い
交際・お付き合い
プロポ-ズ 挙式 旅行
新婚生活
育児
子育て・教育
婚活支援
結婚関係資料一括
図書室
協力結婚相談所

お見合い場所地図
会員サポート



当方は誉れある1次会員です




         結婚関係資料一括        000 001 002

受容
介護を仕事としている友人が仕事の話の中で「受容」という言葉を頻繁に使うので、つい自分でも文章やご相談の中に使っていました。しかし私の解釈でいいのか不安になったので調べてみることにしました。辞書代わりに使うネットでひいてみたところトップに下記の一文がありました。能力開発研究所のHP内のページでした。私がこの言葉に惹かれたのは、実は自分自身がもっとも必要とし、心掛けてもなかなか獲得できないものだったからかもしれません。
『受容』 は心理学でしばしば用いられる言葉ですが、心の健康法としてご紹介します。

■受容とは、
自分の考えを一方的に相手に押しつけるのではなく、相手の考え方を尊重すること。対象をあるがままの状態において認め、批判を加えたりすることなく、そのままに受け容れること。自分ならばそうは思わない、そうはしない、ということでも当人の気持ちを全面的に尊重して共感的に理解することを言います。

■あるがままに受け容れるには、
自分さえよければといった自己中心的な考え方では、相手を受容することは不可能です。“我”が強く働くと対立的な関係に なりやすく、安心感は得られません。“我”がとれれば一体感が生まれてきて、心のやすらぎが得られます。
相手を無条件に受け容れるには、まず相手によって自分が受容されているということを感じていること。そして自分で自分を受容していること(幼児の体験では、自分はよい子であると思うこと)が肝心です。他人に受容されて、自分自身を受容して、はじめて他人を受容することができるようです。

■受容人間になるには、
人間関係においては、
常日頃から相手の話を親身になって聞き、相手の感じている通りに喜び、痛みを感じ、楽しみ悲しむ。相手の立場に立って共に考える。カウンセラー的な態度で人と接し、相手を受け容れる。相手を受容することにより、自分自身をより深く受容することができるようになる。

出来事においては、
この世で起こることはすべて必然であり、偶然はひとつもない、とすべてを肯定的にそのまま受け容れる。


人間性が高まれば高まるほど、受容人間になれるようです。しかし無理をして受け容れると、かえってストレスになります。自分に合った形で受容し、心の平安を実現します。
 受容の心というのは結婚生活にも、お付き合い時にも、あればある程役にたつものですね。ネット上では書きにくい事例が多いので、個別によく会員さんに話していますが、本当にそうですよねとうなづく方はすぐ結婚されていきます。不思議です。
 お相手の立場を共感でき、自分自身とのバランスを上手に取っていくのは、難しいけど実り多いことのようです。

−私はこう思います
返信メール会員・OB 会員以外


000 001 002


目黒線,大井町線・大岡山駅/池上線・石川台駅 03-3727-5439
ナビ2HOME-2料金-2成婚例-2サービスについて-2アドバイザー-2事務所-2ナビ-2
結婚相談所【東京】  トップ